特許クロムめっきの代わりに用溶射用アモルファス鋼粉及びレーザークラッド鋼粉、炭化チタン部品、硬質合金クラッド摩耗部品。   1545131248191061.jpg   1545131184760844.jpg   1545131324675943.jpg

    烟台奥德新材料有限会社

    硬さと強度対照表

    引張強さによる硬度の変換

    DIN 50150によると、鋼の引張強さによる硬さの間の転換は以下の通りです:

    引張強さ

    Rm N/mm2

    硬度

    HV

    硬度

    HB

    硬度

    HRC

    2508076.0
    350110105
    450140133
    545170162
    660205195
    755235223
    77024022820.3
    78524523321.3
    80025023822.2
    82025524223.1
    83526024724.0
    85026525224.8
    86527025725.6
    88027526126.4
    90028026627.1
    91528527127.8
    93029027628.5
    95029528029.2
    96530028529.8
    99531029531.0
    103032030432.2
    106033031433.3
    109534032334.4
    112535033335.5
    1115
    36034236.6
    119037035237.7
    122038036138.8
    125539037139.8
    129040038040.8
    132041039041.8
    135042039942.7
    138543040943.6
    142044041844.5
    145545042845.3
    148546043746.1
    152047044746.9
    1555480(456)47.7
    1595490(466)48.4
    1630500(475)49.1
    1665510(485)49.8
    1700520(494)50.5
    1740530(504)51.1
    1775
    540(513)51.7
    1810550(523)52.3
    1845560(532)53.0
    1880570(542)53.6
    1920580(551)54.1
    1955590(561)54.7
    1995600(570)55.2
    2030610(580)55.7
    2070620(589)56.3
    2105630(599)56.8
    2145640(608)57.3
    2180650(618)57.8

    660
    58.3

    670
    58.8

    680
    59.2

    690
    59.7

    700
    60.1

    720
    61.0

    740
    61.8

    760
    62.5

    780
    63.3

    800
    64.0

    820
    64.7

    840
    65.3

    860
    65.9

    880
    66.4

    900
    67.0

    920
    67.5

    940
    68.0

     度試験は、機械性能試験のなかで簡単な試験方法であります。機械性能試験の代わりに硬度試験を受けるために、正確な硬度と強度の換算関係が必要です。実践で、金属材料の様々な硬度値の間では、硬度値と強度値の間に近似的な関係があります。硬度値は、開始塑性変形抗力と継続塑性変形抗力によって決定されます。だから、材料の強度が高くなるほど、塑性変形抗力が高くなり、硬さも高くなります。以上は実験によって得られた速い計算方法です。一定の実用的価値があります。しかし、正確なデータが必要の場合は、実験の必要があります。

     

    弊社の硬質クロムめっきに代わる特許アモルファス鋼HVAFHVOF用粉末、特にチューブ内部コーティング、タングステンカーバイド硬合金セメント精密チューブ/ノズル/ガスケット/ボールなど、快装複合耐摩耗板、PDC拡散接合、精密ろう付けなどについては、電子メールでお問い合わせください。